中国の工作活動が活発、米国の先端技術を狙う

2005/06/11 15:49
 【大紀元日本6月11日】中央社の報道によると、経済の高成長を遂げた中国がアメリカの技術を必要としているため、その情報収集の工作はアメリカにとって大きな脅威になるかもしれない。しかし、アメリカにまだ十分な用意はないようだ。

 中国が既に通常の情報網以外の手段と数千人にも上る工作員を駆使して、軍用と民用の先端技術を獲得する構えであると、情報専門家は懸念している。しかし、ブッシュ政権はイラク戦争と反テロリズムの戦いの泥沼に陥ってしまったため、中国の情報攻撃に反応する余裕はない。

 ところが、アメリカの民間会社は経営上の考慮から、中国市場への進出を中国政府に許可してもらうことの見返りとして、重要な研究施設を中国に移している。かつて研究施設を中国に移したため、処罰を受けた会社は今、中国と不法に協定を結び、中国にミサイルの技術を提供している。

 アメリカ政府の報告によると、去年およそ百以上の国からのスパイが米国の核心となる技術を入手しようとしている。中に最も積極的に活動しているのは、中国、ロシア、フランス、イラン、北朝鮮とキューバである。
注目記事
^