信仰の文化がヨーロッパを主宰する

2005年04月07日 09時49分
【日本大紀元4月6日】雑誌『読者文摘』がヨーロッパ14か国の人に対して、神を信仰する程度に関して社会調査を行った。2005年2月24日に公表した調査結果では、71%のヨーロッパ人は神の存在を信じている。
大部分のヨーロッパ人は神の存在を信じる



この調査によると、一番信仰している人の率が多いのはポーランド人で、その次にポルトガル人、ロシア人とオーストリア人である。97%のポーランド人、90%のポルトガル人、87%のロシア人と84%のオーストリア人は、神の存在を信じるとそれぞれ言っている。80%のスペイン人、77%のスイス人と66%のドイツ人も同様な信条を持っている。調査した14のヨーロッパの国の中で、チェコは最も信仰が足りない国で、ただ37%のチェコ人だけが神を信じていた。

イエスの教義の中で、人は死んた後、天国か地獄へ行くという。西洋文化の中には東方のように明確に輪廻転生のことが言われなかった。71%の欧州人が神の存在を信じているなかで、平均値すれば、53%の人だけが人が死んた後、生命はまた引き続き輪廻すると信じている。
関連キーワード
^