宗教自由国際連盟:「真善忍」精神は、世界の潮流をガイドする

2005年08月14日 09時11分
 【大紀元日本8月14日】中国当局の宗教団体に対する弾圧や、信仰の自由の抹殺に、国際社会が注目し非難し続けてきた。宗教自由国際連盟(International Coalition for Religious Freedom)の事務局長ダン・フェファールマン氏(Dan Fefferman)は、7月21日、連邦議会の前で開かれた中国共産党による法輪功迫害に対する抗議集会において演説を行い、中国共産党を厳しく非難すると共に、法輪功が唱える真善忍の精神は強大の力を持ち、必ず世界の潮流をガイドすると指摘した。

 フェファールマン氏が演説の中、「中華民族は偉大な文明と歴史の持ち主であり、現在、大きな経済実体となりはじめている。人口でいうと、世界最大の国家ではあるが、国際社会の人権と宗教自由の準則が、この国家で遵守されるときに、初めて偉大な国家であると言える」、と述べた。

 同氏は、フキリスト教やユダヤ教、仏教などが受けた残酷な迫害の歴史を引用、正義は絶対強権に勝つと強調しながら、「法輪功学習者らは現在中国当局の残酷な迫害を受けているが、いずれは、「真、善、忍」の素晴らしい理念が中国社会の主導思想となり、最終的に中国国民の心に深く根付くと私が確信しています」と語った。

 同氏はまた、信教自由を国の建てる本にしたアメリカにとっては、法輪功はアメリカの精神の灯台としている。また、中共の迫害と脅迫に屈せず、「心の光を隠さずに、近い将来に、この光がすべての人に届くことを確信してください。私は、「真、善、忍」の理念は、必ず全世界に受け入れられると信じている」とエールを送った。
(大紀元写真)


(大紀元写真)


関連キーワード
^