台湾街頭:九評宣伝カー、注目を浴びる

2005年08月09日 14時45分
 【大紀元日本8月9日】台湾の花蓮市街頭にこのほど出現した「九評」宣伝カーの両側には、真っ赤な文字で「天が中共を撲滅中」「全世界が応援:数百万人が共産党から離党」「一冊の本が世界各地の中国人を震撼させた…九評共産党」、宣伝カーの後方には、「九評共産党」、「共産党は九評を恐れている!」と書かれている。

 九評宣伝カーは看板のほかに、北京語、台湾語、広東語でマイクを通して人々に訴えているが、行く先々で人々の注目を集めている。花蓮市の繁華街の大通りや裏路地で、宣伝カーに市民の興味と注意が引き付けられている。大勢の人々がパンフレットを求めてやって来るだけではなく、九評と共産党離党についての情報について詳しく質問する人々もいる。

 大紀元時報を支持する洪さんは次のように述べた、「最近、台湾の政治家達が中国大陸に行くようになってきました。台湾産の果物が大陸で販売され、台湾系企業が大陸に投資する率がますます高くなっている等、表面上、大陸は投資天国ですが、実際は中共が意図的に作り上げたでっちあげなのです。中国大陸で商いをしている台湾人は騙され欺かれているのです。中国株式市場危機、不動産危機、銀行の不良債権、九評による離党の大潮流、これらのニュースは報道されていません。実は、今大陸に投資するのはリスクが非常に大きいのです。『九評共産党』は非常に良い本です。共産党を紹介しているだけのようですが、台湾人は一読すべきです。中共の邪悪な本質をはっきりと認識することができます。中共の”統一戦線” といわれる手段を見破って、台湾人の生命と財産の安全を確保することができます」。洪さんはこうした 確信に基づいて花蓮地区で九評と離党の風潮について強調し、花蓮市民が貴重な資料とニュースに触れられるようにしている。

 「九評共産党」は大紀元時報が2004年11月18日に 掲載を始めた社説で、理論、歴史、現実社会的な観点から、冷静、客観的に、また、公正に、中国共産党の実体を全面的に公開した。それは誰も目にすることがなかった前代未聞の実話である。中共が長期にわたって人民を騙し続けてきた嘘と罪状とが暴露されている。今現在、世界の二十数ヶ国語に翻訳され世界各地で発行されており、「全世界の中国人を震撼させた本。共産党を解体する本」といわれている。

 「九評共産党」が出されてからは、離党ブームが勢いを増しており、共鳴した中国人が続々と中国共産党からの脱党声明を出している。すでに321万人が脱党しており、その数はさらに増加中である。人々はこの現実に目を見張っている…天が中共を撲滅している。洪さんは次のように訴えた、「あなたがまだ中国共産党から離党していないのなら、この機会を捉えてください。あなたが中国に投資しようとしているのなら、そのリスクを考慮にいれて慎重に判断して下さい。中国大陸にあなたの親友がいるのなら、中国ではこのニュースが封鎖されていることを知らせてあげてください・・・・九評が離党ブームを引き起こしている。各個人が中共の邪悪な本質をはっきりと認識し、輝かしい未来を選択するよう願っています」。





関連キーワード

関連特集

^