「九評共産党」、米国で全国報道賞を受賞

2005年08月20日 10時15分
 【大紀元日本8月20日】米国に拠点のアジア・アメリカ・ジャーナリスト協会(Asian American Journalists Association、略称AAJA)は8月18日、2005年度全国のコンベンションで、大紀元時報のシリーズ社説「九評共産党」(中国共産党についての九つの論評)が、当協会の全国報道賞、アジア・アメリカ問題ネット報道部門トップ賞を受賞したと発表。

 同協会は、全米とアジアの一部地区からのアジア系記者による組織で、2300人以上のメンバーを有する。ミネソタ州で開催した今年度のコンベンションに、1000余りの新聞社やテレビ局、ラジオ局の代表記者らが授賞式に参加したという。米国副大統領、前米国駐日大使ワルターモンデール氏が授賞式に出席、東アジア近年の急速な変化について演説を行った。

 本年度のコンテストに投稿された百以上の作品から、「九評共産党」のほか十編が、全国報道賞を受賞したという。ネット報道部門のトップ賞を受賞したのは、「九評共産党」のほか、ワシントン・ポストのベン・デ・ラ・クルズ。

 「九評共産党」は、2004年11月、全世界にネットワークを広げる大紀元メディアグループにより、連載社説として発表された。初版は中国語バージョンで、その後20か語に翻訳され、ウェッブ上で発表及び製本で出版された。「九評共産党」は初めて全面的に中国共産党暴政の歴史とその邪悪な本質を暴露し、中国大陸及び世界中で大反響を呼んだ。特に、中国大陸を中心に人々が中国共産党及び関連組織から離脱する運動を引き金を引き、現在370万人がすでに中国共産党関連組織を離脱する声明を発表したという。
授賞パーティー


大紀元時報の代表が「九評共産党」を紹介


各受賞メディア



関連キーワード

関連特集

^