深刻化する中国孤児の状況

2005年09月02日 18時47分
 【大紀元日本9月2日】国連事務総長が発起し、ユニセフが主催した児童暴力問題に対する北米地区の研究会は、2005年6月にカナダのトロント大学で開催された。米国、カナダの政府官吏、学術界の見識者、非政府組織と医者など約2百人が会議に参加した。「法輪功学習者救援委員会」(法輪功救援と略称)代表が会議に参加して、法輪功学習者が中国で受けた迫害と法輪功の孤児たちの深刻さを訴えた。
 
 「法輪功救援」の代表によると、中国で多くの子供達が法輪功を練習したため、苦しめられている。多くの子供達は自分の両親(法輪功学習者)が迫害によって死亡したため、あるいは長期に監禁されたため、身寄りのない孤児になった。また一部分の子どもは迫害されて死亡した。

 また、児童暴力の制止の根本は「社会の道徳の昇華にある」と、「法輪功救援」の代表が指摘した。
関連キーワード
^