上海:7例のコレラ感染を発見

2005/10/15 07:51
 【大紀元日本10月15日】新華社によると、上海市衛生局は13日に2005年第3四半期伝染病発病報告を発表し、7例のコレラ感染例を発見したという。新型肺炎SARS、人に感染性の高い鳥インフルエンザなどは見つかってない。 

  情報筋によると、今回上海市衛生局の報告の中で伝染病報告病例数の上位から5位までは、淋病、アメーバ赤痢、梅毒、ウイルス性肝炎、肺結核となっており、四半期の伝染病発病総数の95.72%を占めているという。

関連記事
注目記事
^