中国遼寧省:H5N1型鳥インフルエンザ感染確認

2005/11/04 22:34
【大紀元日本11月4日】中国農業部のホームページによると、遼寧省黒山県八道壕鎮(バーダオーハウ)台村で死んだ8,940羽の鶏が、致死性H5N1型鳥インフルエンザに感染されたことが確認された。これはここ一ヶ月で、中国当局が発表した4件目の鳥インフルエンザ感染情報となる。

 農業部の情報によれば、10月26日に八道壕鎮台村の養鶏場で鳥の大量死が発見された後、遼寧省動物衛生監督管理局は調査を始めた。11月3日、当局はH5N1鳥インフルエンザの感染であると発表した。

 黒山県は東オーストラリアからの渡り鳥が経由する路線にあり、すでに二十数羽の野生カササギが死んでいるのを発見された。専門家は、今回の感染ルートは渡り鳥からの可能性が高いと分析した。

 報道によれば、中国当局は感染拡大を防止するためにすでに専門職員を現地へ派遣した。中国農業部部長・杜青林氏が率いる専門家らも緊急措置をとるため、感染区域へ出向いているという。

関連特集

関連記事
注目記事
^