福建省女性、鳥インフルエンザ感染で死亡

2005/12/30 07:52
 【大紀元日本12月30日】中国衛生部は12月29日、南部福建省の女性(41)が鳥インフルエンザに感染、すでに死亡したと発表。これで鳥インフルエンザの人への感染は中国の公開した発表では7人目となり、同死亡者を含めて、すでに3人が鳥インフルエンザに感染して死亡したという。

 新華社電によると、死亡した女性は福建省三明市在住、今月6日に発症し、発熱や肺炎などの症状が見られ、病院で治療を受けたが21日死亡したという。後に行われた検査の結果、高病原性のH5N1型鳥インフルエンザに感染していたことが確認された。しかし、これまで患者の居住地付近に家畜の鳥インフルエンザ感染が発生していなかった。

 福建省の鳥インフルエンザ感染状況に関して、24日付の一部香港紙によれば、中国疾病予防コントロールセンターがこの程英医学紙に発表した論文で、中共政権がこれまで公表していない福建省での鳥インフルエンザH5N1ウイルス検出を明らかにしたという。日本在広州総領事館の公表によると、27日同館より福建省政府側に確認したところ、現在までの時点では福建省で鳥インフルエンザの発生は確認されていないとの回答を得たという。福建省政府が、鳥インフルエンザの発生が確認された場合には、1時間以内に中央政府関係部門に報告し、同時にマスコミに対して通報するという。

 これまで、中国公開された情報ではすでに14の省の33箇所で鳥インフルエンザが発生した。

関連特集

関連記事
注目記事
^