冬のかぜに漢方の治療法

2005/12/08 20:23
 【大紀元日本12月8日】冬季の風邪は、風寒の邪気によって起こる場合が多い。これに対しては、市販の漢方エキス顆粒の葛根湯、桂枝湯、十味敗毒湯を症状の重さや体質の強さに合わせて選ぶと良いでしょう。

1、処方の選択

* 葛根湯は、体質が強く、悪寒が強い、発熱、頭痛、関節痛、肩こり、背中の筋肉痛などの症状に適している。
* 桂枝湯は、体質が弱く、悪寒、発熱、頭痛の症状も軽い人に適している。
* 十味敗毒湯は、悪寒、発熱、頭痛以外に、咽喉の痛み、咳、鼻づまりなどの症状に適している。

2、薬の飲み方

 薬は、必ず温かいお湯で飲むようにしてください。体重と症状の強さを考えて服用量を適宜に増減してください。薬を飲んだ後、少し汗が出るように身体を保温してください。

3、注意点

 同じ薬を長期間(一週間以上)飲まないでください。薬を服用する前後に、できるだけあっさりした食事を食べてください。また、汗が出すぎないように気をつけてください。

4、十味敗毒湯は、皮膚科の症状に使われる処方ですが、生薬の構成、臨床経験から風邪薬として充分な効果を発揮し、風邪やインフルエンザの予防にも期待できる薬です。家庭の常備薬として適しています。(漢方医師、甄 立学)
注目記事
^