印刷版   

結婚ブームの中国=本年元日、陝西省西安市で(AFP)

戌年に立春が2度訪れ、中国が結婚ブーム

 【大紀元日本2月6日】中国では今年(丙戌年)は吉祥の年で、結婚ブームで沸いている。有名ホテルやレストランに予約が殺到しているという。朝鮮日報北京特派員が興味深く報じた。

 中国人が今年を吉祥の年と見なす理由は、「双春の年」であること。つまり、今年は、2つの「立春」がある。今年は旧正月が1月29日にあたり、来年の旧正月2007年2月17日までが戌年(いぬどし)であり、暦の上では、今年の2月4日と来年の2月4日とダブルの「立春」を迎える。

 立春は万物が蘇り、春の始まりを意味する。2つの立春とは、2つの春が来るということで、今年は他の年より縁起がよいと言われている。多くのカップルは、酉年(とりどし)に婚姻届けのみにし、結婚披露宴は今年に延ばしているため、今年はすべての結婚式場が従来より込み合っているとみられる。

 北京ダックで有名な「全聚徳」平門店、徳国店および前門店は、週末の宴会場もすべて予約済み。中国メディアの報道によると、「全聚徳」レストランのほか、豊澤園、上海老飯店、昆明春天などの有名なレストラン宴会場は、ほとんど予約が取れないという。安徽省合肥市の結婚式場の責任者・費光澤氏は「2月、3月、5月及び10月は全て予約いっぱいとなった。1年前にすでに予約を済ましたカップルもいる」と語った。

 特に戌年の今年は、7月が閏(うるう)月であり、今年は385日になるとの計算。1年間(旧暦)が385日になることは非常に稀であり、紀元前221年から紀元2100年までの2300年間のうちこの希少な閏月があるのは、わずか12年だけという。

 (06/02/06 14:03)  





■関連文章
  • あなたは大丈夫?夫婦間の倦怠期をチェック(06/02/05)
  • 男性必見!円満な結婚生活を送る秘訣8項目(06/01/30)
  • 紀元曙光(15)(06/01/29)
  • 春節を迎える街角の風景(06/01/28)
  • 駐英中国大使、大紀元記者参加を理由に、講演をキャンセル(06/01/19)
  • サンフランシスコ、700万人脱党応援キャンペーン(06/01/12)
  • 大紀元時報英語版、シンガポールで正式発行へ(05/12/20)
  • 世界人権の日:香港、620万人脱党応援パレード(05/12/11)
  • 韓国:APEC開催日、会場前で脱党応援キャンペーン(05/11/20)
  • シンガポール:大紀元時報、当局の不当扱いに異議申し立て(05/11/17)
  • 紀宮さまご結婚、今日から民間人へ(05/11/15)
  • ルーマニア:九評シンポジウム、中共の崩壊を分析(05/11/04)
  • シカゴ市議会:中国民衆による中共脱党を支持する決議案を通過(05/11/04)
  • 韓国、高成女氏の全国救出活動(05/10/26)
  • ニューヨーク:英語版大紀元時報、週2回発行に(05/10/20)