ツボ治療室 眼精疲労のツボ療法

2006年03月23日 11時57分
 【大紀元日本3月23日】目が疲れる時、目の周りを押える人をよく見かけますが、実は、頚部と後頭部のツボを刺激することは、より良い効果が得られます。ただ、自分で自分に治療するのは、少しやりにくいですが、人に押えてもらえれば、非常に良い気持ちで治療を受けられます。

 指圧のコツとしては、ソフトの力で少し長めに押えた方が良いでしょう。30秒間力を入れて押えてから、一旦力を抜いて10秒間ぐらい休みを取って、さらに力を入れて押える。こうして繰り返して15分から20分ぐらい治療すれば、効果が得られるでしょう。



 
(漢方医師、甄 立学)


関連キーワード
^