米研究者脳内に肥満抑制物質を発見

2006/03/25 21:56
 【大紀元日本3月25日】米国のアインシュタイン医学院の研究者は、脳内に、食欲を左右し、肥満を抑制する化学物質を発見したと発表した。

 この化学物質は一種の補酵素で、視床下部から分泌された物質であり、食欲を抑制する作用を持っている。

 研究者たちが、成年ネズミの脳内に、この化学物質の作用を抑制できる酵素を送り込むと、ネズミの食欲が大幅に増えて肥満を起し、18週間で体重が倍増した。

 今の研究はまだ初期段階であり、最終的にこの研究成果を生かして、肥満患者の新しい治療薬の誕生を、研究者たちは期待している。

関連記事
注目記事
^