日本人の意識調査、約半数が極東安保に懸念

2006/05/01 11:40
 【大紀元日本5月1日】日本政府の調査によると、日本人の約半数が北朝鮮と中国の軍事力台頭を懸念しているという。内閣官房庁のこの度の調査によると、日本人の約45%が最終的に外国と交戦状態になると認識しており、3年前の調査と比較して約1・8ポイント増加、戦争にはならないと認識している人は16・5%にしかすぎなかった。

 「交戦状態になる」と回答した人の内、63%が北朝鮮の核ミサイルを挙げており、第二位にテロ攻撃、第三位に中国の軍事力現代化が挙がった。「自衛隊」という表現について、85%の人が「間違っていない」と回答、33年前の調査に比べ10ポイント上昇、海外への派兵に反対する人は50%を超えた。

関連記事
注目記事
^