香港経済短信 5月10日

2006/05/11 11:51
 【大紀元日本5月11日】

 大企業への投資集中で市況軟調

 10日の株式市場は大型企業への投資集中を懸念する向きと、当面のピークを迎えたという観測が見られた。市場はさらに米国連邦準備局の更なる利率改定をにらんで軟調となりハンセン指数で100ポイントの下げとなった。以前17,000台は維持している。NWへの買いが78-98億元となり平均株価を下げた。ハンセン指数終値17,080.59下げ幅53.4あるいは0.31%。指数幅17,018.17-17,239.21成約額397億香港ドル。

 香港交易所第一四半期利益4.7億 95%上昇

 香港交易所(0388)は3月末の今年度第一四半期利益を4.7億元前年同期比95%上昇、一株あたり利益45銭、四半期配当はせずと発表した。期中の収益は48.7%上昇し8.5億元となった。メインボード新規上場及び新規店頭公開はそれぞれ12及び3となり330億元の投資を獲得した。市場価値総額は19,330億元取り引数900万となり四半期の数値として新記録となった。

 TOM第一四半期利益1、214万米ドル

 TOM(8282)は第一四半期の利益が1,214万米ドルで昨年同期比32.5%上昇、前期比4.6%下げ、主な要因として配当権利確定費用をあげた。総収益は4858万米ドル前四半期比1%増加前年同期比37.7%増。米国会計基準での一株あたり利益0.29セント。

 金価格一オンス700ドル突破

 金価格が一オンス700ドルを超え25ぶりの高値となった。金取引業者によるとイラン核問題で金を資産避難所とし始めたと指摘している。又中国で金備蓄を現在の600トンから2500トンに上げようという論議があるという情報も支えとなった。ニューヨーク金取引価格は先物が21.6ドル上げ701.5ドル現物が700.9ドルとなった。

注目記事
^