印刷版   

6月20日、駐米サウジ大使のトルキー・アル=ファイサル王子(写真)はイランの核問題が軍事紛争化したら原油価格が3倍に上昇する可能性があると表明。昨年8月撮影(2006年 ロイター/Mike Finn-Kelcey)

原油価格、イラン軍事紛争化なら3倍に上昇も=駐米サウジ大使

 サウジアラビアの駐米大使、トルキー・アル=ファイサル王子は20日、イラン核問題をめぐる協議が行き詰まり、軍事紛争に発展した場合、世界の原油価格は現在の3倍に上昇する可能性があるとの見解を示した。

 大使は、米エネルギー協会(USEA)が主催する記者会見で、攻撃の段階に原油価格が現在の水準である1バレル=70ドル近くだと想定すると「攻撃により、おそらく(原油価格は)2倍または3倍に跳ね上がるだろう」と述べた。

 市場関係者の間では、イラン核開発をめぐる同国と国際社会の対立の悪化によりイランが原油の輸出を停止する可能性が懸念されている。

 ブッシュ米大統領は引き続き、外交努力を強調しつつも、交渉が成功しなかった場合には軍事制裁の選択肢を排除しない姿勢を示している。



[ロイター20日=ワシントン]

 (06/06/21 11:43)  





■関連文章
  • イラン核問題、ポジティブな雰囲気が合意への道開く可能性=モッタキ外相(06/06/19)
  • 中国・ロシアと多くの問題で意見一致=イラン大統領(06/06/16)
  • 原油価格が40―45ドルを下回ることはない=イラク石油相(06/06/10)
  • イラン、新たなウラン濃縮を開始=IAEA報告書(06/06/09)
  • イラン最高指導者の発言は「仮定の話」=米政府が忍耐呼び掛け(06/06/06)
  • イラン、2010年までに核兵器保有の可能性=米国家情報長官(06/06/02)
  • イラン、中国の原料で濃縮ウランを加工(06/05/20)
  • イスラエル、58回目の独立記念日(06/05/04)
  • 米フロリダ州シンポジウム:中共の台湾侵攻はあり得るのか(06/03/31)
  • 独銀行:鳥インフル感染に関連、石油価格暴落を予測(06/03/22)
  • 鳥インフルエンザ、欧州やインド、イランに拡散(06/02/20)
  • イラン、ウラン濃縮再開、アジア環太平洋会議、核拡散防止急ぐ(06/02/15)
  • イラン核問題、IAEA緊急会議、3日に再開(06/02/03)
  • ブッシュ大統領、一般教書演説、自由民主拡大を強調(06/02/02)
  • 国連常任理事国代表、イラン核問題、安保理付託に合意(06/02/01)