印刷版   

日中関係の正常化に向け日本政府は行動を=中国国務委員

 中国の唐家セン国務委員は、日中関係の正常化に向けて日本側が行動を取るよう、あらためて要求した。26日付のチャイナ・デーリーが報じた。

 同委員は「日本政府が中日関係で責任ある態度を示し、2国間関係を健全な発展軌道に回復させることを望む」と表明。その上で「歴史は変えられない。しかし、未来やわれわれの子孫の繁栄には責任を持つべきだ」と述べた。

[ロイター26日=北京]

 (06/06/26 16:30)  





■関連文章
  • 基礎収支黒字化に向けた歳出削減、11.5─14.5兆円で調整(06/06/26)
  • 【ことばの豆知識】丈夫(06/06/24)
  • 対日牛肉輸出問題、再開まで解決したとみなさず=米通商代表(06/06/24)
  • サッカー=W杯、日本は悔しい1次リーグ敗退(06/06/23)
  • インタビュー:北朝鮮制裁の具体的措置を検討=麻生外相(06/06/22)
  • 証券監視委、村上容疑者を東京地検に告発(06/06/22)
  • 在留台湾人評論家・黄文雄氏「東シナ海のシーレーンは、21世紀の中国にとっての生命線」(06/06/22)
  • 日本の富裕層、05年に4.7%増の141万人=調査(06/06/22)
  • 牛肉輸入全面禁止は今後ない見込み米農務長官(06/06/22)
  • 米産牛肉問題、日米政府が事前調査後の輸入再開で合意(06/06/22)
  • 日本政府、米施設の検査後に牛肉の輸入再開で合意(06/06/21)
  • 日本株式市場には長期的に機会=インベステック(06/06/20)
  • 【ことばの豆知識】元気(06/06/19)
  • 在日中国系企業、ネットで大量の海賊版映像作品を公開(06/06/17)
  • 社会保障の安定財源確保、消費税の目的税化を示唆=財政審の論点整理(06/06/15)