印刷版   

6月29日、小泉首相(左)とブッシュ米大統領が会談した。写真は、首相の歓迎式典で(2006年 ロイター/Gary Cameron)

首相が「世界の中の日米関係」強調

 小泉首相とブッシュ米大統領は29日午前(日本時間30日未明)、ホワイトハウスで会談後、記者会見した。小泉首相は「世界の中の日米関係」を強調、引き続き米国との連携を強めて世界の様々な問題に取り組む考えを表明。特に、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した場合には、両国で協力して対応することを確認した。

 共同記者会見の冒頭、ブッシュ大統領は小泉首相に対し、在日米軍再編と米国産牛肉の輸入再開合意について謝意を表明した。

 小泉首相は、首脳会談で北朝鮮問題やイラン核問題などについて意見交換したことを明らかにしたうえで「両国が世界の中の日米同盟として、様々な問題に協力して取り組んでいくことを再確認できた」と振り返った。イラクの国づくり支援に関しては、サマワで活動していた陸上自衛隊が撤収した後も、多国籍軍や国連と協力しながら支援していくことを伝えた。

 日米関係に関しては「過去現在将来、日米同盟と国際協調体制は日本にとって変わるべきでない重要な基本政策だ」としたうえで、「日米関係が良くなれば良くなるほど、中国はじめ各国と良い関係が築ける。対米重視は各国との関係を軽視するものではない」との持論を展開した。

 北朝鮮問題に関しては「日米両国が緊密に協力しながら、北朝鮮が国際社会の責任ある一員になれるよう努力していこうということで一致した」と述べた。また、ミサイルの発射準備が進められることについては「北朝鮮に対し、発射しないよう自制を求めることで一致した」という。仮に発射した場合に関し「様々な圧力も話した」としたが、「どういう圧力を加えるかは言わない方がいい」と明言を避けた。

 ブッシュ米大統領は、北朝鮮のミサイル発射準備に関連し「北朝鮮の指導者に明確なメッセージを出すことが重要だ。(発射は)受け入れることはできない」と述べた。また、小泉首相は、イランの核問題についても懸念を示したうえで、米国などによる話し合いによる解決の提言を支持した。

(ロイター6月29日=ワシントン)

 (06/06/30 07:53)  





■関連文章
  • 8月15日の靖国参拝、そんなに争点化しようとしなくてもいい=首相(06/06/26)
  • 小泉首相がイラクに派遣の陸自撤退を表明=公明党代表(06/06/20)
  • 北朝鮮がミサイル発射すれば、米と連携し厳しく対応=首相(06/06/19)
  • 村上F出資による運用利益も、福井総裁の説明に理解=首相(06/06/17)
  • 胡錦涛・国家主席、訪日ついて言及(06/06/13)
  • 将来の増税幅縮小に向け歳出削減や改革続行=衆院で首相(06/06/12)
  • 景気は回復軌道に乗ってきているがデフレ脱却には至っていない=首相(06/05/25)
  • 米誌「タイム・マガジン」:世界でもっとも影響力を持つ人物100人(06/05/04)
  • 小泉首相、ガーナ訪問(06/05/03)
  • 自民党、対北朝鮮経済制裁法案を提出(06/05/01)
  • 小泉首相、欧州連合首脳と第15次会談(06/04/26)
  • 衆議院補欠選挙、小泉自民党敗退(06/04/25)
  • 胡主席訪米、到る所で抗議の声(06/04/21)
  • 胡錦涛訪米、待遇は小泉氏に及ばず?(06/04/14)
  • 教科書検定:領土問題で中韓が反発(06/04/10)