印刷版   

6月22日、麻生外相(写真)は、北朝鮮への制裁をめぐり具体的な措置の検討が進んでいるとロイターに語った(2006年 ロイター/Issei Kato)

インタビュー:北朝鮮制裁の具体的措置を検討=麻生外相

 麻生外相は22日午後、ロイターとのインタビューに応じ、北朝鮮が大陸間弾道ミサイルを発射した場合、外国為替・外国貿易法や特定船舶入港禁止法に基づいた制裁措置も含め、具体的な措置に関して検討が進んでいるとの見解を示した。

 また、イランが国連安保理常任理事国(米英仏中露)とドイツの6カ国が提示した包括的見返り提案に関連し、国際社会がイランへの制裁を決めた場合、日本だけが外れることはないとし、制裁に参加する可能性を示した。

 麻生外相は、北朝鮮によるミサイル発射について「自分が考えるところでは、北朝鮮にとってメリットはない。北朝鮮には別の考え方があるのか、北朝鮮がどのような考えでいるのか、今の段階で判断するものは持っていない」と述べた。

 また、発射した場合はピョンヤン宣言などに違反するとし「日本政府としては、厳しい態度で対応すると伝えている」と述べた。

 制裁措置の具体的な内容については明言を避けながらも「外国為替・外国貿易法や特定船舶入港禁止法をどう使うか、ありとあらゆるオプションがある。(これらのうち)どれを使うか考えなければならない。事実、検討が進んでいることは確かだ」と強調した。

 ミサイルを発射した場合の6カ国協議の実効性については「6カ国協議に替わる北朝鮮との話し合いの枠組みが存在しない」とし、「6カ国協議の枠組み自体やめることはないのではないか」と述べた。

 一方、イランのアハマディネジャド大統領は21日、「包括的見返り案」に8月22日までに回答する方針を示していた。これに対しブッシュ米大統領は、あまりに時間がかかり過ぎるので数週間以内に回答すべきだと考えを表明している。

 日本政府としては、包括的見返り案の作成にかかわっており、この見返り案が先進国の合意だとの認識をすでにイラン側に伝えているという。しかし、イラン側からの回答が出される前に「制裁措置に言及することは建設的な結果をもたらさないと思う」と述べた。

 ただ「この段階で制裁措置ということはないが、オプションとしてはある。国際社会が一致して行動するので、日本だけがそれから外れるということはない」との考えを示した。

 
(ロイター日本語サービス編集部=吉池 威記者)

 (06/06/22 21:01)  





■関連文章
  • 北朝鮮、米偵察機の領空侵犯で軍事衝突の危機発生と非難(06/06/22)
  • 証券監視委、村上容疑者を東京地検に告発(06/06/22)
  • 中国、ミサイル問題で北朝鮮と米国の対話促す=韓国紙(06/06/22)
  • 在留台湾人評論家・黄文雄氏「東シナ海のシーレーンは、21世紀の中国にとっての生命線」(06/06/22)
  • 日本の富裕層、05年に4.7%増の141万人=調査(06/06/22)
  • 牛肉輸入全面禁止は今後ない見込み米農務長官(06/06/22)
  • 米産牛肉問題、日米政府が事前調査後の輸入再開で合意(06/06/22)
  • 金大中前韓国大統領、来週の訪朝を中止=韓国テレビ(06/06/21)
  • 日本政府、米施設の検査後に牛肉の輸入再開で合意(06/06/21)
  • 米国がミサイル防衛システム稼動、北朝鮮懸念を背景に=国防当局者(06/06/21)
  • 南北離散家族、北領域内の金剛山で50年ぶりの再会(06/06/21)
  • 中国政府、北朝鮮のミサイル問題で関係各国に緊張緩和努力を要請(06/06/20)
  • 北朝鮮人権法、国会で承認可決(06/06/20)
  • 「北朝鮮は弾道ミサイルの実験試射を凍結し、6カ国協議に復帰すべき」=米大統領報道官(06/06/20)
  • 日本株式市場には長期的に機会=インベステック(06/06/20)