印刷版   

6月9日、イラク石油相は原油価格がバレル当たり40―45ドル以下に下落することはないとの認識を示した。先月22日撮影(2006年 ロイター/Namir Noor-Eldeen)

原油価格が40―45ドルを下回ることはない=イラク石油相

 イラクのシャハリスタニ石油相は9日、原油価格がバレル当たり40―45ドル以下に下落することはない、との認識を示した。

 同石油相は、当地で開かれた会議で「世界の原油価格は、2010年末まで、およびそれ以降も40―45ドルを下回ることはないだろう」と語った。

(ロイター6月9日=イスタンブール)

 (06/06/10 06:37)  





■関連文章
  • 米フロリダ州シンポジウム:中共の台湾侵攻はあり得るのか(06/03/31)
  • 独銀行:鳥インフル感染に関連、石油価格暴落を予測(06/03/22)
  • 原油価格が続落:3ヶ月ぶり最安値を更新(05/11/14)
  • 石油輸出国機構が現在の生産枠を維持する予定(05/03/17)