印刷版   

三洋電機、au向け携帯電話の約50万台でソフトウェアを改修

 三洋電機<6764.T>は6日、au向け携帯電話端末で不良が明らかになったソフトウェアを改修すると発表した。今期業績(連結・単独)への影響は10億円程度を見込む。

 三洋が販売するau向け携帯電話「W32SA」の50万6800台が対象(6月1日現在の稼働台数)。電池への充電を制御するソフトウェアの不良により、使用時間が短くなったり、電池パックが膨らんだりする場合があるという。

 ソフトウェアの更新は、同社が顧客宛にメールで知らせる専用ホームページを利用するか、auショップを利用する。既に劣化が進んだ電池パックは無償交換する。

[ロイター6日=東京]

 (06/06/06 21:12)  





■関連文章
  • インド:中産階級年間1000万人増加、消費力の驚異的な増大(06/03/13)
  • アジア・インターネット言論自由度調査、中国最下位(06/01/12)
  • 外国人が驚く中国の真実(06/01/01)
  • 中国:全国で2800箇所、携帯電話の発信電波を監視(05/12/10)
  • 中国:情報管制、携帯通信ネットワークも(05/10/12)