印刷版   

6月22日、サッカーの2006年W杯は、1次リーグF組の日本―ブラジル戦を行い、日本は世界王者を相手に1─4で完敗。写真は、試合後にピッチに座り込む中田英寿選手(2006年 ロイター/Kimimasa Mayam)

サッカー=W杯、日本は悔しい1次リーグ敗退

 サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は22日、1次リーグF組の日本―ブラジル戦を行い、日本は世界王者を相手に1─4で完敗した。

 日本は2敗1分け・勝ち点1の最下位で、決勝トーナメント進出を逃した。

 序盤からのブラジルの猛攻に耐えた日本は前半34分、三都主のスルーパスから玉田がゴール前で先制点。1次リーグ突破最低条件の2点差勝利の希望が一瞬見えたが、前半ロスタイムにロナウドの今大会初ゴールで同点を許してしまう。大きく肩を落としながらハーフタイムを迎える日本イレブンに対し、ブラジル勢は意気揚々。勢いに乗ったブラジルは後半8分にジュニーニョ・ペルナンブカが勝ち越しゴールを決めると、同14分にジウベルト、同36分に再びロナウドがゴールネットを揺らした。

 決定力不足が指摘された日本はこの試合、先発FW陣を変更。巻と玉田のツートップで勝負を賭け、玉田が先制ゴールを決める場面もみられたが、最終的には世界トップの壁の高さを痛感した。

 3戦全勝の首位で1次リーグを終えたブラジルは、決勝トーナメント1回戦で、E組2位のガーナと対戦する。

[ロイター6月22日=ドルトムンド(ドイツ)]

 (06/06/23 08:14)  





■関連文章
  • 中国三峡ダム暴行事件:独政府の援助で、重体の中国人が手術を受ける、独テレビも募金口座(06/06/22)
  • サッカー=ジーコ監督、「ブラジルは怖くない」(06/06/21)
  • ドイツ取引所がユーロネクスト買収案を修正(06/06/20)
  • オランダのサポーター、下着姿でW杯観戦する羽目に(06/06/18)
  • 三峡ダム建設立ち退き取材で、襲撃された抗議者の医療費を負担=独政府(06/06/18)
  • サッカー=ジーコ監督、FIFAの誤審認める発言に怒り(06/06/16)
  • ドイツメディアの取材を受けた中国人、公安当局の取調べ後、襲撃され重体(06/06/16)
  • サッカー=中田英がメディアの悲観を一蹴、「日本の方が強い」(06/06/15)
  • サッカー=W杯1次リーグ、ドイツが2連勝で決勝Tに前進(06/06/15)
  • 上海―杭州間のリニア新線敷設、独中交渉暗礁(06/06/13)
  • 電通株が軟調、ワールドカップ日本敗戦が嫌気材料に(06/06/13)
  • W杯日本代表の広報犬ロンメル君、ピッチを視察(06/06/11)
  • ドイツのメルケル首相、政府首脳として初のブログ公開(06/06/11)
  • サッカー=W杯1次リーグ、アルゼンチンがコートジボワールに勝利(06/06/11)
  • 写真で見るワールドカップ開幕式(06/06/10)