印刷版   

基礎収支黒字化に向けた歳出削減、11.5─14.5兆円で調整

 自民党と公明党は、2011年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス)黒字化の財源不足額16兆5000億円のうち、歳出削減額について11兆5000億円から14兆5000億円の規模で最終調整している。与党幹部が26日未明、ロイターの取材に対して明らかにした。政府・与党は26日中に決着させる方向で詰めの協議を行う。

 歳出削減の規模に関しては、経済動向にも配慮し、公共事業関係費などで幅を持った削減額を提示するため、全体も幅のある提示となる。与党幹部は「弾力条項が働いても11兆5000億円を確保し、14兆5000億円を目指して歳出削減努力を行う」と語った。

 別の関係者によると、なお数千億円単位での最終調整が行われているが11兆円台─14兆円台での提示はほぼ固まったという。

 自民党は26日午前に開かれる財政・経済一体改革会議の実務者協議会に削減額を正式に提示、政府・与党での合意をめざす。
(ロイター6月26日=東京)

 

 (06/06/26 08:42)  





■関連文章
  • 英国BBC放送局:中国国内女性、4分おきに1人が自殺(06/06/26)
  • 【ことばの豆知識】丈夫(06/06/24)
  • 対日牛肉輸出問題、再開まで解決したとみなさず=米通商代表(06/06/24)
  • 中国大陸の妊婦、香港で出産ブーム(06/06/23)
  • サッカー=W杯、日本は悔しい1次リーグ敗退(06/06/23)
  • 人民元改革や資本規制で中国の銀行のリスクが増大=銀監会委員長(06/06/23)
  • インタビュー:北朝鮮制裁の具体的措置を検討=麻生外相(06/06/22)
  • 証券監視委、村上容疑者を東京地検に告発(06/06/22)
  • 在留台湾人評論家・黄文雄氏「東シナ海のシーレーンは、21世紀の中国にとっての生命線」(06/06/22)
  • 日本の富裕層、05年に4.7%増の141万人=調査(06/06/22)
  • 牛肉輸入全面禁止は今後ない見込み米農務長官(06/06/22)
  • 米産牛肉問題、日米政府が事前調査後の輸入再開で合意(06/06/22)
  • 中国三峡ダム暴行事件:独政府の援助で、重体の中国人が手術を受ける、独テレビも募金口座(06/06/22)
  • 日本政府、米施設の検査後に牛肉の輸入再開で合意(06/06/21)
  • 北朝鮮人権法、国会で承認可決(06/06/20)