印刷版   

6月29日、米連邦準備理事会(FRB)は、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標水準を0.25%ポイント引き上げ5.25%とすることを決めた。写真は2月、バーナンキFRB議長(2006年 ロイター/Jim Young)

米FRBが0.25%利上げ

 米連邦準備理事会(FRB)は、連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標水準を0.25%ポイント引き上げ5.25%とすることを決めた。

 利上げは17回連続となり、全会一致で決定された。5.25%は、2001年3月以来の高水準になる。

 声明では、インフレリスクに対処するため、一段の利上げが必要となる可能性があるとする一方で、最近の各種指標は、住宅市場の段階的減速や、金利・エネルギー価格上昇の遅効的影響を一部反映し、経済成長が今年のこれまでのかなり強いペースから鈍化していることを示している、と指摘。

 そのうえで「総需要の伸び鈍化はいずれインフレ圧力抑制に寄与するが、当委員会は若干のインフレリスクが残ると判断している。これらのリスクに対処するため必要になる可能性がある、いかなる追加引き締めの程度と時期も、今後の情報によって示されるインフレおよび経済成長の見通しの進展によることになる」としている。

 バンク・オブ・ニューヨークのシニア通貨ストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏は「タカ派的な姿勢を示す十分な表現はない。依然として指標次第という姿勢を示している」と話している。

 利上げは2004年6月以降、0.25%ずつ連続して行われている。利上げ開始当時の金利は1%と、1958年当時と同水準だった。

 今後の見通しについて、エコノミストの間では見方が分かれている。

 一部では、これまでの利上げ効果により、経済成長は抑制されインフレ圧力の緩和につながるとの指摘がある一方で、インフレを着実に抑制するには現在の金利水準では不十分で、さらに6%程度まで引き上げる必要があるとみる向きもある。

(ロイター6月29日=ワシントン)

 (06/06/30 07:44)  





■関連文章
  • 米東部で豪雨による洪水、20万人が避難(06/06/29)
  • 米軍太平洋司令部、「勇者の盾2006」に中共軍演習視察団を招待(06/06/29)
  • 米自動車3社、再生可能燃料利用の自動車生産増へ(06/06/29)
  • ニューヨークタイムズ紙:イラク駐留米軍、9月から撤退し始まる(06/06/28)
  • 米国は人民元改革を今後も促す必要=財務長官指名のポールソン氏(06/06/28)
  • 米GM、3万5000人が早期退職制度に応募(06/06/27)
  • カナダ情報局:中共はスパイ活動の本拠(06/06/27)
  • 米債先物投機勘定、2年債のネットショートが過去最高=CFTC(06/06/26)
  • 臓器移植を求め、中国へ渡る米国人患者(06/06/25)
  • 米国:簡単ではなかった異人種間の結婚(06/06/25)
  • 米政治家、中共政権による宗教自由の開放を促す(06/06/25)
  • 対日牛肉輸出問題、再開まで解決したとみなさず=米通商代表(06/06/24)
  • バーナンキFRB議長、グリーンスパン前議長よりも市場の変動要因に=調査(06/06/23)
  • 北朝鮮、米偵察機の領空侵犯で軍事衝突の危機発生と非難(06/06/22)
  • 中国、ミサイル問題で北朝鮮と米国の対話促す=韓国紙(06/06/22)