印刷版   

中国、海外企業の出資規制を緩和=新聞

6日付の上海証券報によると、中国商務省は、大手海外企業による中国企業への戦略的出資に関する規制を緩和した。

 7月1日以降、大手海外企業は、中国に登記した投資子会社を通じて、中国企業の株式を取得することが可能になる。

 これまでは、最低資本金などの規定が厳しい海外子会社を通じた出資しか認められていなかった。

 中国政府は、金融や鉄鋼など主要セクターの再編を進めるため、海外からの戦略的出資を積極的に受け入れる姿勢を示している。

 
[ロイター6月6日=上海]
 

 (06/06/06 14:27)