印刷版   

6月5日、佐渡ケ嶽部屋の関取らがエルサレムを観光。写真は嘆きの壁の入り口に立つ大関の琴欧州(ロイター/Yannis Behrakis)

大関・琴欧州、エルサレム観光でリラックス

イスラエルで初めての相撲公演を行うため同国を訪れている佐渡ケ嶽部屋の関取らは5日、エルサレムでの観光を楽しんだ。

 大関・琴欧州をはじめとする関取衆は、浴衣にサングラス姿で教会や嘆きの壁といった旧跡巡りを楽しんだほか、ラクダと一緒に記念撮影する姿などもみられた。

 一行の今回の滞在期間は6日間となっている。

[ロイター6月5日=エルサレム]

 (06/06/06 14:30)