印刷版   

6月27日、ソニーは、記憶容量16ギガバイトのNAND型フラッシュメモリーを搭載した文庫本サイズのパソコン「VAIO(バイオ)typeU」2機種を7月3日発売すると発表。写真は5月、同社が発表した、ブルーレイ対応ノートPC(2006年 ロイター/Toshiyuki Aizawa)

ソニー、フラッシュメモリー搭載の小型パソコンを7月3日発売

 ソニーは27日、記憶容量16ギガ(ギガ=10億倍)バイトのNAND型フラッシュメモリーを搭載した文庫本サイズのパソコン「VAIO(バイオ)typeU」2機種を7月3日発売すると発表した。顧客が仕様を注文できるオーナーメードモデルとして受注を開始する。価格は20万9800円から。国内では初めてのフラッシュメモリー搭載モデルという。

 パソコンは通常、記憶媒体にハードディスク(HD)を搭載しているが、新製品はNAND型フラッシュメモリーを搭載しており、アプリケーションの起動などの処理にかかる時間が速いほか、衝撃に強く、本体も軽いといった特徴がある。


[ロイター27日=東京]

 (06/06/27 15:32)  





■関連文章
  • ソニー、次世代機「プレステ3」も全世界生産出荷累計1億台を目指す(06/06/22)
  • ソニー、「プレイステーション2」のACアダプターをリコール(05/09/24)