印刷版   

米自動車3社、再生可能燃料利用の自動車生産増へ

 フォード・モーター、ゼネラル・モーターズ(GM)、ダイムラークライスラーの米クライスラー・グループの米自動車大手3社は28日、再生可能燃料利用の乗用車・トラックの年間生産台数を2010年までに現在の2倍以上に増やして200万台とする計画を明らかにした。

 この発表は、米国の石油輸入依存を減らすことを目的に、米自動車会社の最高経営責任者(CEO)らと議会との間で先月開かれた会合を受けたもの。

 同会合では、トヨタ自動車<7203.T>やホンダ<7267.T>など海外競合相手との競争に関する政府の支援策についても検討された。

 議会は、代替燃料および代替燃料の輸送インフラの開発を促す新たな政府支援策の検討について前向きだが、そのためには自動車燃料のシフトに関して自動車会社のより真剣な関与が求められるとしている。

(ロイター6月28日=ワシントン)

 (06/06/29 11:08)  





■関連文章
  • ニューヨークタイムズ紙:イラク駐留米軍、9月から撤退し始まる(06/06/28)
  • 米国は人民元改革を今後も促す必要=財務長官指名のポールソン氏(06/06/28)
  • 米GM、3万5000人が早期退職制度に応募(06/06/27)
  • カナダ情報局:中共はスパイ活動の本拠(06/06/27)
  • 米債先物投機勘定、2年債のネットショートが過去最高=CFTC(06/06/26)
  • 臓器移植を求め、中国へ渡る米国人患者(06/06/25)
  • 米国:簡単ではなかった異人種間の結婚(06/06/25)
  • 米政治家、中共政権による宗教自由の開放を促す(06/06/25)
  • 対日牛肉輸出問題、再開まで解決したとみなさず=米通商代表(06/06/24)
  • 北朝鮮、米偵察機の領空侵犯で軍事衝突の危機発生と非難(06/06/22)
  • 中国、ミサイル問題で北朝鮮と米国の対話促す=韓国紙(06/06/22)
  • 在留台湾人評論家・黄文雄氏「東シナ海のシーレーンは、21世紀の中国にとっての生命線」(06/06/22)
  • 牛肉輸入全面禁止は今後ない見込み米農務長官(06/06/22)
  • 米産牛肉問題、日米政府が事前調査後の輸入再開で合意(06/06/22)
  • 日本政府、米施設の検査後に牛肉の輸入再開で合意(06/06/21)