印刷版   

米債先物投機勘定、2年債のネットショートが過去最高=CFTC

 米商品先物取引委員会(CFTC)が23日発表したシカゴ商品取引所(CBOT)米債先物取組高報告(6月20日までの1週間)によると、米連邦準備理事会(FRB)の追加利上げ観測を背景に2年債のネットショートが前週から大幅に増え、過去最高となった。

 シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のユーロドル先物も、ネットショートが前週から急増。

 6月28─29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)については、最低でも25ベーシスポイントの追加利上げが予想されており、50ベーシスポイント利上げの可能性も約12%となっている。

(ロイター6月23日=シカゴ)

 (06/06/26 09:06)  





■関連文章
  • 臓器移植を求め、中国へ渡る米国人患者(06/06/25)
  • 米国:簡単ではなかった異人種間の結婚(06/06/25)
  • 米政治家、中共政権による宗教自由の開放を促す(06/06/25)
  • 対日牛肉輸出問題、再開まで解決したとみなさず=米通商代表(06/06/24)
  • NY市場サマリー(23日)(06/06/24)
  • バーナンキFRB議長、グリーンスパン前議長よりも市場の変動要因に=調査(06/06/23)
  • NY市場サマリー(22日)(06/06/23)
  • 人民元改革や資本規制で中国の銀行のリスクが増大=銀監会委員長(06/06/23)
  • 北朝鮮、米偵察機の領空侵犯で軍事衝突の危機発生と非難(06/06/22)
  • 中国、ミサイル問題で北朝鮮と米国の対話促す=韓国紙(06/06/22)
  • 在留台湾人評論家・黄文雄氏「東シナ海のシーレーンは、21世紀の中国にとっての生命線」(06/06/22)
  • 牛肉輸入全面禁止は今後ない見込み米農務長官(06/06/22)
  • NY市場サマリー(21日)(06/06/22)
  • 米産牛肉問題、日米政府が事前調査後の輸入再開で合意(06/06/22)
  • 日本政府、米施設の検査後に牛肉の輸入再開で合意(06/06/21)