ニューヨークタイムズ紙:イラク駐留米軍、9月から撤退し始まる

2006/06/28 08:24
 【大紀元日本6月28日】ニューヨークタイムズ紙はイラク駐留米軍最高司令官の発言を引用、米軍は2007年にイラクから大規模撤収し、第一弾の撤退は今年9月から始める計画を報じた。この計画によると、2007年末に、イラク駐留米軍は現在の14部隊から、5、6部隊に縮小するという。

 同紙は、米軍の撤退規模は専門家の予想を遥かに超え、現在の69箇所の基地は、2007年末に11箇所に削減される見通しと伝えた。一方、米国チェニー副大統領は22日、米議会で軍の撤収はタイムスケジュールがあるべきではないと表明していた。

 駐イラクの日本の自衛隊も25日から、正式撤退を始まった。イラク南部のサマワに駐留する自衛隊幹部によると、撤収活動の第一弾は、軍用車両とその他の装備をクウェートに運び出すことであり、すべては7月下旬に完了する予定という。

関連記事
注目記事
^