印刷版   

中国農業銀行、総額11億ドルの不正が発覚─審計署=新華社

 新華社は26日、中国農業銀行で2004年に合計51件の不正が発生し、その総額が87億元(11億ドル)にのぼると報じた。

 新華社が審計署(会計監査員に相当)の話として伝えたところでは、同51件には従業員157人が関与していたもよう。

 新華社は2004年分しか報じておらず、監査状況の詳細も明らかになっていない。


[ロイター26日=北京]

 (06/06/26 16:25)  





■関連文章
  • 中共当局の腐敗粛正、権力基盤を維持する一手段(06/06/26)
  • 広東省:農民ら土地を奪われ抗議、流血衝突発生するも警察は傍観(06/06/16)
  • 釈放された人権派弁護士、上海派の汚職内情を暴露(06/06/15)
  • 北京市副市長、五輪建設の汚職絡みで解任され(06/06/13)
  • カナダ連邦裁判所、中国汚職犯罪者の強制送還を先送り(06/06/03)
  • 米国務副長官:中共が抱える問題は山積み(06/05/12)
  • 中共海軍副総司令官に執行猶予付き死刑判決(06/05/12)
  • 中共幹部家族は海外へ、百万人を超えた移民熱(06/05/03)
  • 広東省佛山:郷委員会の農地不正収用に、地元農民1000人が怒りのデモ(06/04/12)
  • 中国青少年発展基金会の闇帳簿 監査結果を3年間未公表(06/04/04)
  • 太石村:選挙不正疑惑で全人代へ上申、訴訟権利を主張(06/04/03)
  • 中共当局、2ヶ月で汚職幹部400人以上を逮捕(06/03/28)
  • タイム誌:地方農民の怒り(06/03/24)
  • 湖南省、共産党風紀監督高官、買春現行犯で逮捕(06/03/13)
  • フィリピン・アロヨ大統領、「国家非常事態」を宣言(06/02/25)