印刷版   

オーストラリアは92年以来のベビーブーム。シドニー市内で。昨年9月撮影(2006年 ロイター/TIM WIMBORNE)

オーストラリアの出生数増加、92年以来のベビーブーム

 オーストラリアでは、国を挙げての政策が実り、見事ベビーブームが起きているようだ。 

 オーストラリア統計局(ABS)は2日、2005年の出生数は26万1400人だったと発表した。これは、1992年以来最も多い数字で、国民総人口を約2050万人へと押し上げたことになるという。

 2004年にはコステロ財務相が少子化対策の助成金を導入するとともに「ママのために1人、パパのために1人、そして国のために1人」と、もっと子供を産むようにとの声明を発表していた。

 この発言に関し同相は「真剣な課題を伝えるには、軽率な言い方だったかもしれないが、(その発言に)応えてくれた家族がいてくれたことを嬉しく思う」と語った。

 同国では、2042年には労働年齢人口が横ばいのまま、65歳以上の人口が2倍、85歳以上は4倍になるとの調査結果が出ており、少子化と高齢化社会を重要な問題として位置づけていた。

(ロイター6月2日)

 (06/06/02 22:51)  





■関連文章
  • 国連、東ティモール騒乱に国際支援を要請(06/05/29)
  • 中国の有名知識人、中共文化の海外輸出を語る(06/02/18)
  • こんにちは、2006年(06/01/01)
  • 豪州法輪功:人権犯罪者の入国拒否を呼びかける(05/11/08)
  • 中国遼寧省:H5N1型鳥インフルエンザ感染確認(05/11/04)
  • 中国舞踏家、「九評」所持で国外追放(05/10/09)
  • 陳用林氏:中共当局、離脱者に暗殺計画(05/08/19)
  • 袁紅氷氏:豪州保護ビザ取得で支援者に謝意を表明(05/07/27)
  • 豪州:法輪功学習者ら、ダウナー豪外相を提訴(05/07/25)
  • 豪州テレビ特集番組:「赤い壁の背後  中国共産党の真実の顔」(05/07/24)
  • 亡命中国外交官、一部情報資料公開(05/07/15)
  • カナダ前政府職員:「中共スパイネットは攻撃的」(05/07/15)
  • 速報:中国人亡命外交官、保護ビザ取得(05/07/09)
  • 元外交官・陳用林氏:私はなぜ亡命したのか(前編)(05/06/29)
  • オーストラリアメディア:海外まで及ぶ610オフィス(法輪功取締り組織)の恐るべき情報網(05/06/25)