印刷版   

5月の米コアCPIが予想上回る+0.3%、追加利上げの公算高まる

 米労働省が発表した5月の米消費者物価指数(CPI─U、季節調整済)は、総合指数が前月比0.4%上昇した。振れの大きい食品とエネルギーを除くコア指数は同0.3%上昇。予想は総合が前月比0.4%上昇、コアは0.2%上昇だった。

 今回の結果を受けて、米連邦準備理事会(FRB)による追加利上げ実施の公算が高まっている。

 前年比ベースでは、コア指数が2.4%上昇し、前月のプラス2.3%から伸びが拡大、05年2月以来最大となった。

 コア指数はこの半年で、年率2.9%のペースで上昇。過去3カ月では同3.8%のペースまで加速し、10年超ぶりの伸び。

 労働省では、コア指数の単月上昇分の半分以上が住宅関連コストの上昇による、としている。 

 エネルギー価格の上昇を背景に、総合指数の伸びは前年比ベースで4.2%と、前年9月以来最大となった。

 内訳では、住宅関連コストが0.4%上昇。

 エネルギーは2.4%上昇。

 ガソリンの伸びは4.9%。前月はプラス8.8%だった。

(ロイター6月14日=ワシントン)

 (06/06/15 08:46)  





■関連文章
  • [焦点]G8で原油高と世界的不均衡問題を協議、G7特別声明を再確認(06/06/12)
  • ECB、政策金利の買いオペ金利を0.25%ポイント引き上げ2.75%に(06/06/09)
  • 米景気減速によるインフレ抑制は難しい=地区連銀総裁(06/06/07)
  • ジンバブエのインフレ率、過去最高1000%(06/05/14)
  • 中国経済の現状と展望 その七(06/04/26)
  • 世界貿易機構、中国経済の問題点を指摘(06/04/23)
  • 香港の専門家:大陸の家畜の1%が鳥インフルに感染(06/03/11)
  • 米ビジネスウィーク誌:2006年経済予測(06/01/06)