夫婦円満のための妻の心得

2006/07/23 14:04
 【大紀元日本7月23日】縁があって夫婦になり、和やかで幸せな夫婦生活を送るには、日常会話の中で互いに傷つけないことがとても重要である。男性として、妻に言われたくない言葉はたくさんあるが、以下の幾つかの話題は、妻として少し気をつけた方がよいかもしれない。

 1.夫の前で姑の悪口を言わない。男性は母親との間に強い絆があり、自分の母親の悪口を言われると、ひどく感情が傷つくことがある。

 2.夫のロマンチックな発想を皮肉らない。誰でも自尊心があり、自分のロマンチックな発想を皮肉られると、自尊心がひどく傷つくことがある。

 3.夫のよくない趣味や習慣を人前で言わない。できれば、人前で、夫の良い面を話題にすれば、夫婦関係に良い影響を与える。

 4.夫の足りない点について、ほかの優れた男性を褒めて比べない。男性は常に警戒心があり、このような言い方は、夫に不安感を与えやすい。

 5.美しい女性が目の前を通ったとき、しばらく見とれていた夫に、しつこく嫌みを言わないように気をつける。

 6.出世や昇進のことを催促しない。出世や昇進は皆が望んでいることであり、催促されてできることではない。過度の要求は、夫婦の会話や感情の障害になりかねない。

 7.夫の「禿げ」や「ウエスト」など、体についての話題を出さない。このような話は、男性に魅力が無くなったと感じさせる。

 8.小遣いの使い方を聞かない。夫婦であっても、個人の自由な空間を少し残すべきで、無理に個人の空間に踏み込むと、夫婦の信頼関係を損ねる。

(文子)


注目記事
^