印刷版   

7月30日、ライス米国務長官は、予定していたベイルートへの訪問を取り止めたことを確認した。代表撮影(2006年 ロイター)

米国務長官がレバノン訪問を取り止め、イスラエル軍の空爆受け

 ライス米国務長官は30日、イスラエル軍によるレバノン南部カナへの空爆で多くの犠牲者が出たことを受けて記者会見し、予定していたレバノンの首都ベイルートへの訪問を取り止めたことを確認した。

 また、イスラエルとレバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラとの戦闘について、停戦する時が来ているとの見方を示した。

 ライス長官は、同空爆を悲しく思うと述べるとともに、ベイルート訪問を取り止めたことを確認。イスラエルにとどまって停戦に向けた調停活動を行っていく考えを示した。

(ロイター7月30日=エルサレム)

 (06/07/31 08:16)  





■関連文章
  • イスラエル軍がレバノン南部を空爆、子供21人を含む40人死亡(06/07/30)
  • イスラエルは作戦続行、レバノンは死者最大600人か(06/07/28)
  • イスラエルの国連施設空爆で中国人が死亡、国連大使が非難(06/07/26)
  • パレスチナ建国に引き続き焦点合わせる必要=米国務長官(06/07/26)
  • イスラエル軍が国連レバノン暫定軍の基地を空爆、4人死亡(06/07/26)
  • レバノン停戦は緊急課題、停戦には条件も=米国務長官(06/07/24)
  • 東大名誉教授・小堀桂一郎氏、「靖国問題は、日中摩擦の原因ではなく結果」(06/07/24)
  • 米株式市場、大型株を中心に買い場が到来=バロンズ紙(06/07/24)
  • イスラエル、レバノン南部への侵攻部隊を拡大へ=軍ラジオ(06/07/23)
  • 米農務省、BSE監視プログラムの縮小を発表へ=関係筋(06/07/20)
  • イラン核問題、安保理決議案の非公式協議は物別れ=米国連大使(06/07/20)
  • イスラエル軍がレバノン空爆継続、64人死亡(06/07/20)
  • 元北朝鮮人民会議議長・黄長華氏「中朝関係は、根本的に変わらないし、安保理決議案で、北(06/07/20)
  • インフレ高進リスクあるが物価圧力は今後抑制へ=米FRB議長(06/07/20)
  • 7・5ミサイル案件以降、平壌当局「四つの不可思議」(06/07/19)