印刷版   

7月18日、午前の東京株式市場で日経平均が前営業日比300円を超える大幅な下落。写真は14日、証券会社の前で株価ボードを見る男性(2006年  ロイター/Yuriko Nakao)

日経平均が300円を超える大幅下落=東京株式市場

 午前の東京株式市場で、日経平均が前営業日比300円を超える大幅な下落となっている。 市場関係者によると、「米国株安やイスラエルのレバノン侵攻を背景に、リスク資産から安全資産へ回避の動きが出ているとみている。その中で日本株も買いにくい状況」(みずほ総研シニアエコノミストの武内浩二氏)という。

 日経平均は、午前9時51分現在、前営業日比315円96銭安の1万4529円28銭で推移している。

(ロイター7月18日=東京)

 (06/07/18 10:26)  





■関連文章
  • 持続的な景気回復のため金融面から経済支援を=日銀決定会合で谷垣財務相(06/07/14)
  • 日経平均200円安、先月末以来の1万5000円割れ(06/07/14)
  • 日経平均が200円を超える大幅な下落、米国株安受け(06/06/13)
  • 日経平均が底割れ、個人投資家の投げが下げを加速(06/06/08)
  • 日経平均が1万5000円割れ、05年12月1日以来(06/06/08)
  • 東京株式市場・寄り付き=米株高受け自律反発(06/06/01)
  • 中国不動産:専門家、5年間のベア・マーケット期に突入の予測(05/12/24)
  • 上海不動産退去騒ぎ(05/12/15)
  • 上海住宅価格の下落、1年間も継続か(05/11/15)
  • 中国:国内加工業の収益急激下落、経済失速に懸念(05/10/30)
  • 値崩れが止まらない上海住宅市場(05/10/19)
  • 上海:価格下落の荒波、住宅市場のバブル崩壊か(05/10/18)
  • 過ぎ去った上海住宅市場の活況(05/10/04)