印刷版   

7月14日、俳優ブラッド・ピットさんがニューオーリンズで開かれた「持続可能なデザイン」コンクールの記者会見に登場(2006年 ロイター/Lee Celano)

俳優B・ピットさん、被災地で「環境に優しい家」推進

 米俳優ブラッド・ピットさんが14日、米ルイジアナ州ニューオーリンズで開かれた「持続可能なデザイン」コンクールの記者会見に登場した。

 このコンクールは、約11カ月前に大型ハリケーン「カトリーナ」で甚大な被害を受けたニューオーリンズに、環境に優しい住宅を建てようというプロジェクトで、ピットさんが審査員を務めている。

 著名な建築家らと共に会見に出席したピットさんは、被災地の復旧があまりに遅いことにショックを受けたと語るとともに、「効率性の高い家を建てるという米国が向かうべき方向へ、この町がリードをとる実に良いチャンスだと思います」と話した。

 
[ロイター14日=ニューオーリンズ]
 

 (06/07/16 17:23)  





■関連文章
  • ブランジェリーナ、ナミビア出国(06/06/12)