印刷版   

7月25日、ロイターのエコノミスト調査によると、欧州中央銀行(ECB)と米連邦準備理事会(FRB)が8月に利上げを実施する確率はそれぞれ90%、60%とみられている。写真は6月5日、トリシェECB総裁(左)と話すバーナンキFRB議長(2006年 ロイター/Joshua Roberts)

ロイター調査:8月利上げの確率、ECB90%・FRB60%

 150人以上のエコノミストを対象に実施したロイター調査によると、欧州中央銀行(ECB)が8月3日の理事会で、政策金利を0.25%ポイント引き上げ、3.0%とする確率は90%、米連邦準備理事会(FRB)が8月に政策金利を0.25%ポイント引き上げ、5.5%とする確率は60%とみられている。

 リーマン・ブラザーズのミシェル・マイヤー氏は、FRBの政策について「(経済)データを踏まえると依然として、利上げの必要がある」と述べた。同氏はFRBがインフレ圧力を抑制するため8月と年末にかけての計2度の追加利上げを年内に実施すると予想している。ただ、先週のバーナンキFRB議長の議会証言については「予想以上にハト派的だった」と指摘した。

 バーナンキ議長は今後、数四半期にわたりインフレが緩和するとの見通しを示した。

 今回の調査では、FRBが2004年半ばから実施してきた利上げの効果もあり、米経済が急激に鈍化するとみられ、政策金利は5.5%で利上げ局面を終え、来年の第1・四半期には5.25%に引き下げられると予想する声も聞かれた。

 アリアンツ・ドレスナーのエコノミストは「FRBの政策金利の水準が高すぎるというのではなく、ただ利上げペースが速すぎた」と語った。

 ECBの政策金利については、FRBの政策金利と比べ、これまで緩やかなペースで上昇してきたものの、ユーロ圏経済が堅調であるうえ、インフレ率がECBの目標上限の2.0%を上回っていることから、利上げペースが加速し、2006年末までに政策金利は3.50%となると予想されている。

(ロイター7月25日=ロンドン)

 (06/07/26 14:29)  





■関連文章
  • ゼロ金利解除は失敗する可能性=自民金融政策小委員長(06/07/26)
  • 米国債投資家、FRB議長証言後も姿勢変えず=調査(06/07/26)
  • 安全保障、投資抑制の理由とする場合は慎重に=FRB議長(06/07/21)
  • 6月の日銀金融政策決定会合の議事要旨(06/07/20)
  • インフレ高進リスクあるが物価圧力は今後抑制へ=米FRB議長(06/07/20)
  • 与謝野担当相:デフレ脱却、もうしばらく様子を見て判断する(06/07/20)
  • ゼロ金利解除を決定、誘導目標0.25%・公定歩合0.4%=日銀(06/07/14)
  • 07年度の国債発行、30兆円以下に抑える努力の継続必要=官房長官(06/07/14)
  • 世界市場の安定などギリギリまで判断して決めてもらいたい=ゼロ金利解除で与謝野担当相(06/07/11)
  • 世界的な金利上昇、安定維持の必要条件=米FRB副議長(06/07/07)
  • ゼロ金利解除、7月か8月かは日銀が判断=経済同友会(06/07/04)
  • 中国はさらなる利上げが必要=社会科学院エコノミスト(06/07/03)
  • 米FRBが0.25%利上げ(06/06/30)
  • バーナンキFRB議長、グリーンスパン前議長よりも市場の変動要因に=調査(06/06/23)
  • ECB、急な追加利上げの準備も=ルクセンブルク中銀総裁(06/06/14)