印刷版   

7月13日、ベルリンで盗品をタクシーで運んだアルバニア人2人が、チップをはずんだにもかかわらずこのタクシーの運転手の通報で逮捕されていたことがわかった。写真はベルリンの街に停車するタクシー。2002年撮影(2006年 ロイター/Fabrizio Bensch)

タクシーで盗品運んだ泥棒、チップはずんだ運転手が通報

 ドイツのベルリンで盗品をタクシーで運んだアルバニア人2人が、チップをはずんだにもかかわらず、このタクシーの運転手の通報で逮捕されていたことがわかった。

 地元警察の報道官が13日明らかにしたところによると、午前1時に官庁街の法律事務所の前で停められたこのタクシーの運転手は、コンピューターや薄型テレビなど1万3000ドル(約150万7000円)相当の盗品をタクシーに積み込むのを手伝った。ベルリン北部にあるこの窃盗犯のアパートまで乗せ、運賃を受け取ると警察に通報した。犯人たちは運転手にかなりのチップをはずんでいたという。

 運転手の通報を受けて警察が家宅捜索をしたところ、アパートからは、以前に盗んだ品物も見つかった。

 [ロイター7月13日=ベルリン]

 (06/07/15 02:28)  





■関連文章
  • W杯サッカー競技場、安全対策の欠陥、独・調査機関指摘(06/01/13)
  • 中国主席訪独、独大統領民主・自由を訴える(05/11/12)
  • インタビュー: ベルリンの壁崩壊と胡主席の欧州訪問(05/11/09)
  • 中国山西省、タクシー業者がストライキ(05/10/19)
  • 広東省、警察と運転手が衝突、3人死亡(05/06/15)