印刷版   

香港経済短信 7月20日

 【大紀元日本7月21日】

 ○香港株急上昇300ポイント

 米国金利先行き透明感を受けて木曜の香港株式は300ポイント大幅上昇した。ブルーチップ株も軒並み上昇し、釣られて不動産関連も強含み。ハンセン指数終値16,472.62上げ375.08或いは2.3%値動き16,390-16,481.17出来高267億香港ドル。

 ○任志剛:投資家に市場の変動に注意を呼びかけ

 金融管理局総裁任志剛は文章の中でグローバル及び地域的な金融市場の変動、特にデリバティブやその関連投資についてリスクを警戒するよう呼びかけ更に香港の利率もまだ上がる余地があることを示唆。香港及び大陸で人民元の為替投機が市場に影響し変動を拡大する事もあるとの見通しを述べた。更に大陸の経済拡大は続き金融市場拡大を後押しするとも述べた。

 (06/07/21 08:56)