印刷版   

7月22日、ブッシュ米大統領、レバノン問題でシリアとイランを非難。20日撮影(2006年 ロイター/Jason Reed)

米大統領、レバノン問題でシリアとイランを非難

 ブッシュ米大統領は22日、レバノンをめぐる危機的情勢の解決に向け、米国は、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラをはじめ、シリアやイランに対し圧力をかけるため、アラブ諸国に協力を求める姿勢を示した。

 大統領は、23日からのライス米国務長官の中東訪問に先立ち、トルコのエルドアン首相と、イスラエルとヒズボラの戦闘に巻き込まれたレバノン市民への支援策について電話で協議した。

 ホワイトハウスのスポークスマンによると、両首脳はレバノン政府への人道支援などについて話し合ったもよう。

 また、大統領は恒例のラジオ演説で、シリアをヒズボラに対しイラン製武器の輸送援助を行ってきたヒズボラの「主要なスポンサー」と指摘。

 イランについては「核兵器開発やテロ組織支援などで、繰り返し国際社会に反する行動をしており、それにより中東地域全体を脅かし、現在の危機解決の障害になっている」と非難した。

 [ロイター7月22日=クロフォード(米テキサス州)]

 (06/07/23 23:26)  





■関連文章
  • 米国、国連事務総長によるイスラエルとヒズボラの停戦案に不満を表明(06/07/21)
  • イスラエル軍がレバノン空爆継続、64人死亡(06/07/20)
  • イスラエル軍のレバノン空爆継続で31人死亡、ヒズボラも応戦(06/07/19)
  • イスラエルの空爆受け、多数の外国人がレバノンから脱出(06/07/18)
  • イスラエル、人質解放されるまで攻撃を継続=オルメルト首相(06/07/18)
  • イスラエル、レバノンへの攻撃を数日中に終了する可能性=テレビ(06/07/18)
  • ブッシュ大統領が訪独、米独関係親密化(06/07/14)
  • イスラエルには防衛権がある=ブッシュ米大統領(06/07/14)
  • イスラエル海軍、レバノン領海を封鎖(06/07/13)
  • イスラエルによるレバノン空爆で20人が死亡=治安関係者(06/07/13)
  • 英機密文書:冷戦時代、中共の香港侵攻に対する核報復を検討(06/07/03)
  • 小泉首相、最後の訪米、日米関係の重要性などを再確認(06/06/30)
  • 米下院:中共当局を譴責する関連3決議案が可決(06/06/14)
  • イラン、2010年までに核兵器保有の可能性=米国家情報長官(06/06/02)
  • メルケル独首相、中共首脳と会談、経済より人権問題重視(06/05/23)