香港経済短信 7月27日

2006/07/29 07:43
 【大紀元日本7月29日】

 香港株周辺市場に釣られて300ポイント上げ

 香港株は日本市場の高騰を受けて300ポイントの上げを記録し16,900台を超えた。ブルーチップ株も押しなべて好調、中移動の上げ幅が目立ち、49.3で5%上げ、HSBCホールディングは140.2で1%上げ。ハンセン指数終値16,916.77上げ299.53或いは1.8%値動き16,713.04-16,924.22出来高288億香港ドル。

 海外からの投資資産年率3.6%増加

 金融管理局は6月末時点での海外からの投資基金資産1.1万億香港ドルとなり昨年同期に比べて384億香港ドル或いは3.6%増加と発表した。海外からの投資受け入れは上半期で307億香港ドルで昨年同期比1.67倍。利息や準備金などの支出を除いた累計増加額は171億香港ドル。

 大陸中古住宅販売課税1-3%

 國家税務總局は《國家税務總局關於住房轉讓所得徴収個人所得税有關問題的通知》を発表,8月1日から中古住宅販売に強制的に個人所得税を課す。《通知》によれば中古住宅売買手続きに当っては税金の完納が前提となる。個人の場合は個人所得税となる。また居住している家宅を売買する場合は居住していた期間やその他の収入との見合いで課税額が変わり、税が免ぜられる場合もある。

注目記事
^