印刷版   

7月6日、国連安保理で対北朝鮮決議案を協議、制裁には中ロが難色。写真は協議を前に演説するボルトン米国連大使(2006年 ロイター/Chip East)

国連安保理で対北朝鮮決議案を協議、制裁には中ロが難色

 国連安全保障理事会は6日、北朝鮮によるミサイル発射を受けて日本が提示した対北朝鮮決議案をめぐり、担当官会議を開いた。日本が提示した制裁も含む決議案の採択を日米両政府は強く押しているものの、中国とロシアは否定的な姿勢を示している。

 中国とロシアは、北朝鮮のミサイル発射を非難する内容を含むにしても、いかなる措置にもつながらない議長声明を望んでいる、とされる。

 ボルトン米国連大使は、15理事国のうち13カ国が決議案を支持しており議論は「前進している」と述べた。ただし西側外交筋は、日本が提示した物資への制裁は決議からはずされるだろう、と予想している。

(ロイター7月6日=国連)

 (06/07/07 10:15)  





■関連文章
  • 国連安保理が北朝鮮ミサイル発射で緊急協議、非難決議案を日本が策定(06/07/06)
  • 国連国際特別法廷、「クメール・ルージュ」を審判(06/07/05)
  • 中国移動、親会社幹部の反対でミリコム買収を断念(06/07/04)
  • 人民元の対ドルでの許容変動幅を拡大することが急務=中国政府系紙(06/07/04)
  • 「氷点週刊」前編集長、新書発表、中国で禁止(06/07/04)
  • 中国初、「文革記念館」(06/07/04)
  • 尖閣諸島周辺に中国調査船(06/07/03)
  • 6月のロシア原油生産量、旧ソ連崩壊後の最高を更新(06/07/03)
  • 外交官殺害の犯人逮捕に高額の懸賞金=ロシア政府(06/07/03)
  • 【ことばの豆知識】じゃんけん(06/07/01)
  • 中国経済の現在の成長スピードは速過ぎる=国家発展改革委副主任(06/06/30)
  • 中国の銀行、景気下降期に備えて収益性の改善が必要=フィッチ(06/06/30)
  • 小泉首相、最後の訪米、日米関係の重要性などを再確認(06/06/30)
  • 中国東方航空、エアバス社製「A320」30機購入(06/06/29)
  • 米軍太平洋司令部、「勇者の盾2006」に中共軍演習視察団を招待(06/06/29)