印刷版   

7月20日、パリ当局が市内に設置されたホームレスのテント一掃を計画していることが明らかに。1月撮影(2006年 ロイター/Franck Prevel)

パリ当局、ホームレスのテント撤去を計画

 パリ当局は、セーヌ川の土手沿いなど市内に設置されたホームレスのテント撤去を計画している。

 パリのドラノエ市長は、近隣住民からの苦情や、このところの酷暑による健康面への配慮などが理由だとしたうえで、この撤去作業が人道的に行われる予定であると語った。

 一方、人道援助団体「世界の医師団」はこの動きについて、パリの街から貧困の象徴を取り除こうとする意識の表れであるとして批判した。

 広場などでホームレスがテント生活をしている様子は、近年パリでは比較的おなじみの光景となっているが、これらのテントの多くは「世界の医師団」などの団体による寄付でまかなわれている。

 [ロイター7月20日=パリ]

 (06/07/21 19:19)  





■関連文章
  • 北朝鮮で軍用列車が衝突事故、千人以上が死亡か(06/06/04)
  • 「国境なき記者団」年度報告:中共はアジア民主体制最大の障害(06/05/06)
  • 写真報道:「全世界華人新年芸術祭」パリ最終公演、喝采の中で閉幕(06/02/28)
  • 生彩を欠くシラク大統領(05/12/02)
  • フランス暴動11日目、初めての死亡ケース発生(05/11/08)
  • パリ郊外で暴動拡大、放火事件多発(05/11/03)
  • 北京街頭で物乞いする人々(05/09/27)
  • パリ:欧米各国民衆、中国共産党300万人脱党を応援(05/07/14)
  • 【特別インタビュー】元・中国の新聞記者、呉葆璋さんが語る海外に於ける中共統一戦線の内(05/06/10)