印刷版   

ユーロ圏インフレ率、当面2%上回る状況が続く=ECB専務理事

 欧州中央銀行(ECB)のゴンザレス・パラモ専務理事は、ユーロ圏のインフレ率が当面2%を上回る状況が続くと指摘。原油高、マネーサプライ・信用の伸びが、物価の上振れリスクだ、との認識を示した 

 ユーロ圏では今後2、3四半期にわたり、持続的な経済成長が続く、との見方も示した。

 スペインの金融団体が発行する「エコノミック・インフォメーション」誌に述べた。

(ロイター7月10日=マドリード)

 (06/07/11 08:00)  





■関連文章
  • 6月銀行・信金総貸出は前年比+1.7%(06/07/10)
  • 原油価格はユーロ圏経済・インフレ双方にリスク=オーストリア中銀総裁(06/07/06)
  • デフレ戻らぬためゼロ金利で経済の援護を=谷垣財務相(06/07/04)
  • 尖閣諸島周辺に中国調査船(06/07/03)
  • 6月日銀短観、大企業製造業・業況判断DIは+21(06/07/03)
  • 中国経済の現在の成長スピードは速過ぎる=国家発展改革委副主任(06/06/30)
  • 5月全国消費者物価は前年比+0.6%=総務省(06/06/30)
  • 5月鉱工業生産は‐1.0%、上昇傾向との判断維持(06/06/29)
  • インタビュー: 企業業績の上方修正が相場回復のきっかけに=Mスタンレー(06/06/29)
  • インタビュー:7月会合では情勢判断重要に=水野日銀審議委員(06/06/27)
  • 中国06年貿易黒字は最大1300億ドルに─当局者=新聞(06/06/26)
  • 基礎収支黒字化に向けた歳出削減、11.5─14.5兆円で調整(06/06/26)
  • 米産牛肉問題、日米政府が事前調査後の輸入再開で合意(06/06/22)
  • 中国三峡ダム暴行事件:独政府の援助で、重体の中国人が手術を受ける、独テレビも募金口座(06/06/22)
  • 北朝鮮人権法、国会で承認可決(06/06/20)