印刷版   

香港経済短信 7月6日

 【大紀元日本7月7日】

 ○海外からの資金で香港株上昇

 木曜の株式市場は周辺の低調もあって125ポイント下げで始まったが、北朝鮮ミサイル危機回避の流れと見られる海外資金の流入で後場は堅調。ハンセン指数も16,100台から16,400台へ戻し当日最高に近いところで終値となった。昨日の香港市場はアジア太平洋地区では際立った動きとなった。ハンセン指数終値16,440.99上げ173.81或いは1.07%値動き16,129.65-16,445.18出来高242億香港ドル。

 ○銭果豊地下鉄主席が再任

 政府は地下鉄(0066)の主席に銭果豊を再任した。任期は今年7月21日から来年7月31日まで。銭氏が始めて主席就任したのは2003年7月21日。

 ○HSBC銀行の週末営業時間延長(9月から)

 HSBCは9月から土日の営業時間延長をすると発表。それによると土曜日の営業を50支店で延長し日曜日に10の支店で財務コンサルサービスを提供し5つの支店で日曜の営業時間を延長する。土曜日の延長は午後4時30分までで日曜のコンサルサービスは午後12時30分から午後4時30分まで、但しその他の窓口業務は行わない。離島での支店以外は金曜の営業を30分延長。

 ○ハンセン銀行顧客e-statement利用10万人突破

 ハンセン銀行《0011》は昨年2月から開始した月締めe-statementの利用客が10万人を超え一日平均200ユーザがサービスを利用しこれによって500万枚の紙が節約できたと言う。

 ○韓国6月生産物価年率換算3.2%上昇

 韓国政府発表によれば6月の生産物価指数は0.6%増加し昨年同期比3.2%増加となり16ヶ月で最大の上げ幅を示した。

 (06/07/07 08:55)