印刷版   

独り暮らしは心臓病のリスクが2倍=デンマークの調査

  独り暮らしをしている人の心臓病リスクは、パートナーと一緒に生活している人の約2倍であることが分かった。デンマークで行われた調査の結果が、13日発行の医学雑誌に掲載された。

 調査はデンマークのオルフスで、30─69歳の13万8000人を対象に実施された。

 調査を行った大学病院のキルステン・ニールセン医師は、独り暮らしの人が心臓病になる確率が高い原因は不明だと説明。そのうえで、喫煙や肥満、高コレステロール値、かかりつけの医者にかかる回数が少ない、家族の支援を受けにくいなど、独り暮らしと関連ある要因が今回の結果につながった可能性があるとしている。

 

[ロイター13日=ロンドン]

 (06/07/13 21:34)  





■関連文章
  • デンマーク大手新聞「ユランズ・ポステン」、中国の臓器狩り事件を報道(06/06/18)
  • 風刺漫画事件、デンマークなどの大使館が放火される(06/02/05)
  • 欧州各紙、イスラム預言者の風刺画掲載でテロ誘発か(06/02/04)