印刷版   

7月25日、イスラエル軍が国連レバノン暫定軍の基地を空爆、4人死亡。写真は24日、レバノン南部の国連拠点にけが人を運び込む兵士ら。提供写真(2006年 ロイター/UNIFIL Press Office)

イスラエル軍が国連レバノン暫定軍の基地を空爆、4人死亡

 国連は25日、イスラエル軍が同日、レバノン南部に駐留している国連レバノン暫定軍(UNIFIL)の基地を空爆し、同軍要員4人が死亡したことを確認した。

  アナン国連事務総長は国連本部で声明を発表し、イスラエルは国連要員を攻撃しないとのオルメルト首相による個人的な保障にも関わらず、同基地への攻撃は行われたとした上で、イスラエルに対し、同基地が意図的に狙われたか調査するように要求した。

 国連本部の広報担当者は「同基地に爆弾が落とされ、4人の監視員が死亡した。現在のところこれ以上詳細な情報は持ってない」と述べた。

 エルサレムのイスラエル軍報道官は、空爆報道について軍が調査していることを明らかにした。

 また、ライス米国務長官に随行してローマを訪れている国務省当局者によると、イスラエル側は、同基地への攻撃は事故だったと説明しているという。

(ロイター7月25日=ベイルート)

 (06/07/26 09:50)  





■関連文章
  • レバノン停戦は緊急課題、停戦には条件も=米国務長官(06/07/24)
  • イスラエル、レバノン南部への侵攻部隊を拡大へ=軍ラジオ(06/07/23)
  • 米国、国連事務総長によるイスラエルとヒズボラの停戦案に不満を表明(06/07/21)
  • イラン核問題、安保理決議案の非公式協議は物別れ=米国連大使(06/07/20)
  • イスラエル軍がレバノン空爆継続、64人死亡(06/07/20)
  • 7・5ミサイル案件以降、平壌当局「四つの不可思議」(06/07/19)
  • 北朝鮮で集中暴雨、90年以降最大(06/07/19)
  • イスラエルの空爆受け、多数の外国人がレバノンから脱出(06/07/18)
  • 北朝鮮はあらゆる戦争抑止力を強化、安保理決議には拘束されず=KCNA(06/07/17)
  • 米国、イスラエルのガザ侵攻を非難する国連安保理決議案に拒否権行使(06/07/14)
  • 中国とロシア、独自の北朝鮮非難決議案を提出(06/07/13)
  • 中国、北朝鮮制裁決議案の採決で拒否権行使を示唆=英仏国連大使(06/07/12)
  • イラン、包括見返り案への早期回答拒否で国連での協議も(06/07/12)
  • 中国、北朝鮮ミサイル発射に関する国連安保理の議長声明案を提示(06/07/11)
  • イランは包括的見返り案に前向きな印象=ラリジャニ事務局長(06/07/08)