印刷版   

7月25日、ライス米国務長官、パレスチナ建国に引き続き焦点合わせる必要があるとの認識示す。代表撮影(2006年 ロイター)

パレスチナ建国に引き続き焦点合わせる必要=米国務長官

 ライス米国務長官は25日、イスラエルに隣接したパレスチナ建国には引き続き焦点を合わせていく必要があるとの認識を示した。

 長官は、イスラエルと、イスラム教シーア派民兵組織ヒズボラの衝突について協議するためレバノンとイスラエルを訪問した後、アッバス・パレスチナ自治政府議長と会談した。

 長官は記者会見で「レバノン問題が解決しても、ここパレスチナで起きていることに引き続き焦点を合わせていく必要がある。2国が平和的に共存するというわれわれの願いに焦点を合わせていく必要がある」と語った。

(ロイター7月25日=ラマラ)

 (06/07/26 11:37)  





■関連文章
  • 東大名誉教授・小堀桂一郎氏、「靖国問題は、日中摩擦の原因ではなく結果」(06/07/24)
  • 米株式市場、大型株を中心に買い場が到来=バロンズ紙(06/07/24)
  • 米農務省、BSE監視プログラムの縮小を発表へ=関係筋(06/07/20)
  • イラン核問題、安保理決議案の非公式協議は物別れ=米国連大使(06/07/20)
  • イスラエル軍がレバノン空爆継続、64人死亡(06/07/20)
  • 元北朝鮮人民会議議長・黄長華氏「中朝関係は、根本的に変わらないし、安保理決議案で、北(06/07/20)
  • インフレ高進リスクあるが物価圧力は今後抑制へ=米FRB議長(06/07/20)
  • 7・5ミサイル案件以降、平壌当局「四つの不可思議」(06/07/19)
  • 北朝鮮で集中暴雨、90年以降最大(06/07/19)
  • イスラエル軍のレバノン空爆継続で31人死亡、ヒズボラも応戦(06/07/19)
  • 対中外交政策は検討し直すべき=米国シンクタンク(06/07/18)
  • イスラエルの空爆受け、多数の外国人がレバノンから脱出(06/07/18)
  • ライス米国務長官、中東訪問の意向=国務省(06/07/18)
  • イスラエル、人質解放されるまで攻撃を継続=オルメルト首相(06/07/18)
  • 米国産牛肉加工品の混入、輸出再開に影響せず=米農務省(06/07/15)