印刷版   

7月14日、安倍官房長官は、07年度の国債の新規発行に関し、引き続き30兆円以下に抑える努力を継続するべきだとの見解を明らかにした(2006年 ロイター/Yuriko Nakao)

07年度の国債発行、30兆円以下に抑える努力の継続必要=官房長官

 安倍官房長官は14日午前、ロイターとの単独インタビューで、2007年度の国債の新規発行に関し、2006年度に引き続き30兆円以下に抑える努力を継続するべきだとの見解を明らかにした。また、日銀のゼロ金利解除後の追加利上げについて、物価や市場のほか米経済動向など慎重に見極めて判断するよう求めた。

 安倍官房長官は、新規国債発行について2007年度予算も引き続き30兆円以下に抑える方針に関し、基礎的財政収支(プライマリーバランス)を改善するとの目標を前提とし「できる限り今年度の努力を来年度も継続しなければならない」と述べた。

 デフレの状況に関しては「全国消費者物価指数(CPI)では7カ月連続で上昇しているが、石油製品の上昇など特殊要因を除くとゼロ近傍で推移しており、まだデフレ脱却を果たしていない」としながらも「デフレ脱却は視野に入ってきている」とも述べた。

 デフレ脱却宣言は「月例報告で行うことになるだろう。様々な経済指標を参考に各種の物価基調や背景を総合的に判断しなければならない」とした。

 日銀のゼロ金利政策の解除については「金融政策は日銀の専管事項だ」としながらも「政府としてはデフレを脱却していき、(再びデフレに)後戻りしないようにしていかなければらない。そのために(日銀は)金融面から経済を支えてほしい」との考えを強調した。

 また、追加利上げの可能性が指摘されていることに関しては「日銀は物価や市場、米国経済の動向などぎりぎりまで慎重に見極めたうえで適切に判断してほしい。またそう判断してもらえると思う」とした。

 一方、各種世論調査などで福井日銀総裁の辞任を求める声が強まっているが「福井総裁は、職責をまっとうすることで責任を果たしてほしい。そのためにも国民の信頼は必要だ」とし、辞任の必要はないとの考えを改めて述べた。

 [ロイター7月14日=東京]

 (06/07/14 13:40)  





■関連文章
  • 持続的な景気回復のため金融面から経済支援を=日銀決定会合で谷垣財務相(06/07/14)
  • 政府はゼロ金利解除で議決延期請求せず、日銀に緩和環境維持・市場安定を要請へ(06/07/14)
  • 世界市場の安定などギリギリまで判断して決めてもらいたい=ゼロ金利解除で与謝野担当相(06/07/11)
  • ゼロ金利解除、日銀が知見や経験に基づいて判断を=与謝野担当相(06/07/09)
  • 世界的な金利上昇、安定維持の必要条件=米FRB副議長(06/07/07)
  • デフレの状況よく見極め日銀が判断するだけ=ゼロ金利解除で首相(06/07/05)
  • ゼロ金利解除、7月か8月かは日銀が判断=経済同友会(06/07/04)
  • デフレ戻らぬためゼロ金利で経済の援護を=谷垣財務相(06/07/04)
  • 緊急アンケート:ゼロ金利解除7月予想増加、短観受け(06/07/04)
  • 米FRBが0.25%利上げ(06/06/30)
  • インタビュー:7月会合では情勢判断重要に=水野日銀審議委員(06/06/27)
  • 日銀は数カ月のうちにゼロ金利解除の公算─与謝野担当相=WSJ(06/06/22)
  • ECB、急な追加利上げの準備も=ルクセンブルク中銀総裁(06/06/14)
  • 日銀は6月会合でゼロ金利維持し、経済・市場動向見極めへ(06/06/10)
  • ロイター調査:ゼロ金利解除近づき、円が反転上昇観測(06/06/08)